先日、「金持ち父さん、貧乏父さん」を読んだので少し記事を書こうと思います。

ロバートキヨサキ著の本で、1997年に発刊され、50カ国以上の国で翻訳された言わずと知れた名書です。

その改訂版を今回読みました。本の存在自体はもちろん知っていたのですが、今更ながら読んでみようと思い読んでみました。

まず以前の記事で紹介したレバレッジリーディングを実践してみました。今回は本に折り目をつけたり汚していき、この記事をレバレッジメモとして活用してみようと思います。

関連記事はこちら。https://dr-bone-fp.com/reading/

登場人物は、ロバートキヨサキ本人と、その実の父親(貧乏父さん)、友人のマイク、その父親(金持ち父さん)です。

金持ち父さんは、高校すら卒業していないがビジネスで成功し、裕福な生活をおくり貧乏父さんは高い教育を受け知的であったがお金に苦労したとあります

筆者が幼少期に金持ち父さんから、色々なビジネスに関する考え方を聞き、それを紹介していくというスタイルで本は進んでいきます。

そこでいくつか気になったフレーズなど紹介していこうと思います。

金持ちは資産を手に入れる。
中流以下の人たちは負債を手に入れ資産だと思い込む

そもそもロバートキヨサキ氏の資産と負債の考え方は、
✓資産は私のポケットにお金をいれてくる。
✓負債は私のポケットからお金をとっていく

という考え方に起因しています

金持ちになりたいなら資産を買うことに生涯をささげればよく、中流以下にとどまっていたい人は負債をかえばいいというものです。

ここで、のべられているのは家計からお金をすいとっていく「家は資産でなく、負債」だと

これに関しては、賛否両論あると思いますが、住宅ローンの利子や固定資産税など家をかうことによる弊害はあることは確かで、また自分の子供などの家族の状況によって家を買い替えたり、子供が自立し家を出た後は大きすぎる家をどうするかなどの問題はでてきます。

私は、現在住居は賃貸でありロバートキヨサキ氏の考え方には肯定的ですが、なかなか結論をだすには難しいと思います。

自分のビジネスをもつ=本当の資産をもつ

 学校教育の問題点は、そこを卒業した人間が学校で取得した技術をつかった職業にそのままつくということと。私のような医師もそうだが、そうすることで自分自身のビジネスをもつことを忘れてしまうと。

それは、自分の人生を他人のビジネスのために心をくだきその人を金持ちにすることに時間を費やしているようなものである。

実際に労働者として、だれかのビジネスのためにはたらくようだと結局かぎられた収入しかえられることはないのです。医師も単価が高いだけであって、勤務医として働く限りは常に誰かのために働く労働者でしかありません。

なにかしら自分のビジネスをもつことが、自らを裕福にしお金に働いてもらうことにつながります。

筆者がいう本当の資産とは以下のようなものであると述べられています。

✓自分がその場にいなくても利益を生み出すビジネス
✓株
✓債権
✓収入をうむ不動産
✓手形、借用証書
✓著作権

これらがこの本ではのべられていますが、現代社会では、youtubeやブログなど自分がその場にいなくても利益をうむビジネスが多様化しているため、そのほか新しいコンテンツなど常にアンテナをはり敏感に対応していく必要があるとおもいます。

必要なのはファイナンシャルインテリジェンス

基礎的なファイナンシャルインテリジェンスが必要であるとのべられており、それを形つくる4つの主な専門的知識があります。

1会計力
2投資力
3市場の理解力
4法律力

これら4つの専門的知識を組み合わせて、自分のビジネスをもち資産を形成していくことが重要であるといわれています。

このような知識を資産形成につかわないにしても、知識をもつことは世の中の仕組みを知ることにもつながるので知識を持っておくということは必要だと思います。

以上、知識を得たうえで自分のビジネスをもつことが重要だと考えられます。

先日のレバレッジリーディングでもありましたが、そこから実践することが最終的には必要ですが、面倒くさいことも多く実践にふみきれない人がほとんどです。本書では、以下のような障害を乗り越える必要があるとのべています。

1恐怖心
2臆病風
3怠け心
4悪い習慣
5傲慢さ

これらの障害はだれにでもあると思いますが、それらを乗り越えて一歩踏み出すことが大切です。私含め、なかなか実践できないことは多いですが、知識をもった上で勇気をもってひとつづつ進歩していければとおもいます

著者

ホネーマン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です